つみたてNISA 研究

積み立てニーサをひとまずやってみる。

というかこれって、
銘柄でなくて税制の優遇措置なんだな。

それすら知らなかった…

以下、全部引用メモ。
(理解したらこのブログ用にまとめていく)

積み立てNISAの制度

つみたてNISAは少額・長期・分散投資を支援するための非課税制度です。

長期投資で資産を大きく形成する方法なので、手っ取り早く一括で投資をして利益を得たい人には向いていません。

つみたてNISAの仕組みやどのような目的で制度化されているかを理解しておかないと、せっかく始めた投資を途中で止めてしまう原因にもなりかねません。注意しましょう。

つみたて投資枠と成長投資枠
つみたて投資枠は投資信託に投資する

総額で1800万円まで
つみたて投資:年間120万円

積立 投資信託

投資信託会社、信託銀行が運用。

つみたてNISA:基本投資信託のみでOK

インデックス投資信託が殆ど。

まずはつみたて投資枠を資産運用のメインに
長期 積立 分散 投資

 

選ぶ金融機関で方向性が変わる

「どう運用したいか」で選択しが変わる

大手のネット証券会社:
銀行:専門銘柄とか

大手ネット証券で、プロに相談しながら投資先を選びたい
(独立系ファイナンシャルアドバイザーIFA、契約しているところ)
マネイロ:SBI証券と提携している

ニーサ口座は、ひとり一つ
(証券会社ごとではなく、1人が1つだけ口座開設できる)
楽天証券・SBI証券など、どこの口座でNISAを開くか検討する。

資産運用のステップ 商品選び

目的・目標(何のために、いくら貯めるのか)

プラン(目標達成に向けての運用、投資予算・期間・予算配分)

どの投資信託に投資するか?(利回り・リスク)
インデックス選択・金融商品選択

はたらく世代の老後資金準備は、
つみたて投資枠をメインに考える

 

ケーススタディ

老後資金の為、65歳までに3000蔓延
現在40歳、貯蓄は300万円、毎月5万円積立
年率4-5%で積立運用できる金融商品

目標・プランを自分で考えて、投資商品は専門家に相談して

NISAで失敗するパターン

成長しない資産に投資をする

成長しない資産とは、将来的に高い経済成長を実現しにくい国々の株式などのことを指します。

例として、日経平均株価などが挙げられます。
日経平均株価は1989年に最高値をつけて、その後更新することができていません。

この間、米国株式や世界株式に代表される海外の資産は、
多少のアップダウンはありながらも、右肩上がりで上昇しています。

日本株など成長が期待しにくい資産だけに投資をすると、
自分の資産も同じような動きをすることになります。

資産が思うように増えず、
早期に解約してしまうことにもつながるため、
投資先の選択は注意して行うことが大切です。

投資プラン作り


海外へのインデックス投資でリスクある投資に入れるのがおすすめ
債権

つみたてNISA(新NISA)のメモ

「新NISA」では、口座が恒久化され、保有期限が無期限(これまでは5年だった)

デメリット部分

「新NISA」の「制度としてのデメリット」は、「損」に弱い

(「新NISA」の口座以外で株式投資をやっている場合に特に影響)

 1.「ナンピン買い」が難しい
1年間に240万円までしか株を買うことができない。
その年はどんなに株価が下がっていても、買い増すことはできません。

「新NISA」のほかに普通の証券口座を持つという人もいるでしょうが、
そうなると、「損益通算ができない」「損失繰越ができない」などのデメリットも出てきます。

2.「損益通算ができない」
「新NISA」の口座にある場合には、「損益通算」ができない
他の株式口座などで利益・損失がでても、新NISA口座と税金面で合わせられない。

3.「損失繰り越しができない」
「損失繰り越し」とは、株取引で出た損失を、翌年以降最長3年間、繰り越しすることができるというもの。

「新NISA」の口座でしか投資しない人は「損益通算」も「繰り越し控除」も必要ないので問題はありません

 

4.「口座を一人一口座しか持てない」
「新NISA」の口座は、一人一口座しか持てません。
また、その年に売買できる金融機関は一社だけです。

投資枠が空いていたとしても、次の年に持ち越せません。
機動的な売買で儲けたい投資家にとっては不便で、
結果的に買ったらずっと持っているような投資商品に偏っていくことになりかねません。

また、
新NISAの投資信託インデックスファンドは、上下も激しい。
リスクもある。

コメント

  1. ガッツくん より:

    積み立てニーサ、
    ひとまずネットで無料コンサルあるから聞いてみよう

    どうはじめたらいいか
    最初はどういうことをやっていったら
    どのくらいの利率が見込めるか
    損失でるならどのくらいか(ケーススタディ)

タイトルとURLをコピーしました